浅香唯の愛娘が、ブスでないか?!とネットで話題!

昭和を代表するアイドルと言えば、この方!
浅香唯さんです!

昔と変わらないルックスとスタイルで、大活躍されています。
そんな、浅香唯さんの愛娘がネットでは

「浅香唯に似てない」
「ブスではないか?!」

と話題になっています。
その真相について調査してみました。

プロフィール

生年月日:1969・12・4

星座:いて座

血液型:A型

出身:宮崎

身長:151cm

出身校:宮崎大学付属中学校・明治大学付属中野高校定時制

芸能界に入るきっかけ

浅香唯さんは、ザ・スカウトオーディションの浅香唯賞を受賞したことがきっかけでした。
その後、1985年の中学卒業と同時に宮崎から上京して、翌日からテレビ番組のレギュラー・アシスタントとして出演しました。

1986年に、「スケバン刑事III少女忍法帖伝奇」の主役、3代目麻宮サキを演じて大ブレイク!

1987年1月「STAR」がドラマの主題歌になり最初のトップ10ヒットを記録。
続けて、「瞳にSTORM」「虹のDREAMER」が大ヒットしたちまち浅香唯さんの名前は世間に知れ渡ります!

浅香唯さんの代表曲と言えば「セシル」ですよね!
この曲は、今までとは異なり、大人の雰囲気を出した曲とジャケットになっています。

最近はゲーム音楽のサントラ盤への参加したり、アニメの主題歌昼帯ドラマ主演などもされています。

プライベートでは、2002年にはミュージシャンでドラマーの西川 貴博さんと交際させます。ふたりの出会いは浅香唯さんのコンサートで、西川貴博さんがバックバンドの一員をつとめたことがきっかけでした。
その後何と、14年もの交際を経て結婚。

長女を出産します。
では気になる、愛娘を見てみましょう!

娘は、ブス?!笑わないから?!

愛娘の名前は、陽舞莉(ひまり)ちゃんと言います!
陽舞莉ちゃんは当時「AKB48になりたい」と言っていたそうです。

さすが、アイドルの娘ですよね。
気になる陽舞莉ちゃんがこちら!

浅香唯さんというよりお父さん似かも知れませんね。

当時、あまりメディアの前で笑わなかったので、ネットでは

「発達障害ではないか?!」
「アイドルの子なのに、愛想がない」

と炎上しました。
しかし、現在の陽舞莉ちゃんがこちら!

しっかりと笑顔です!

大分、大人っぽくなりましたね。
こう見ると、かなりお父さん似だと分かります。

ブスとネットでは言われていますが、可愛らしい顔立ちで口元は浅香唯さんに似ている気がしませんか?

今年デビュー30周年を迎えられた浅香唯さん!
これから娘さんとの共演も楽しみですね。

関連記事