キスマイ玉森裕太イケメン崩壊?かっこよくない言動の数々!

Kis-My-Ft2玉森裕太さんと言えば、グループの中でも1番人気のイケメンですよね!
またテレビやドラマや映画などで、大活躍の玉森裕太さん。

しかし、最近イケメンキャラが崩壊しようとしているのです!
その真相について調査してみました。

プロフィール

本名 :玉森裕太
愛称 :玉ちゃん
誕生日 :1990年3月17日
身長 :175㎝
体重 :58㎏
血液型 :B型
星座 :うお座
好きな食べ物: お寿司 アボカド 肉
嫌いな食べ物 :パセリ、セロリ
趣味 :映画鑑賞

玉森裕太さんの名前の由来は、「裕福に太く生きてほしいから」という願いがあります。
また、4歳下に弟がおり、とても仲が良いそうです。

芸能界に入るきっかけ

玉森裕太さんは、2002年ジャニーズ事務所のオーディションに合格し所属しました。
オーディションに応募したのは、お母さんで玉森裕太さんは、オーディションを受けるのが嫌過ぎて泣いてしまったほど

2005年にA.B.C.の弟分『A.B.C.Jr.』の第2期メンバーに選ばれ、2005年夏に『Kis-My-Ft2』が結成されメンバーに選ばれました。
そこから人気はうなぎ登りになりました。

出演作品

アイドル活動だけでなく、ドラマや映画に出演しその演技力は高評価されています。

ごくせん卒業スペシャルでデビューし、その後「信長のシェフ」「ぴんとこな」などでは主演を務めました!
私も、玉森裕太さんの演技は大好きです!

さらに人気シリーズの「世にも奇妙な物語」「ほんとにあった怖い話」でも迫真の演技に迫りました。
最近では、ドラマ「リバース」で、高校の社会科担当の真面目な熱血教師を演じて話題になりましたよね。

そんな、文武両道な玉森裕太さんですが、イケメンキャラ崩壊というのはどういうことなのでしょうか。

 

キャラ崩壊!一体、何が?!

きっかけは、Kis-My-Ft2冠番組の「キスマイBUSAIKU」です。番組内容は、メンバーがそれぞれお題をセルフプロデュースし、その映像をキスマイのことをよく知らない20~30代の女性100人に審査してもらいランキングにしたものです。
毒舌なコメントや率直な評価が、とても人気なコーナーです。

初めは、上位を独占していた玉森裕太さんですが、徐々に順位は落ちて行き、まさかの最下位になってしまったのです!!
それが、何ともかっこよくない言動の数々でした。

 

走り方がお爺ちゃん

「部活のマネージャーに愛の告白」するというテーマで、110mハードルを走りきった後の告白に挑戦した玉森裕太さん。
しかし、その走り方が何ともブサイクでした。

そのあまりにも変な走り方に「ポンコツだな」「ありえない」などと、批判的なコメントが続き、ついにはゲストのオアシズの二人から「走り方が元気なお爺ちゃん」と言われてしまうほど。
玉森裕太さん自身も「走り方のフォームってそんなに重要ですか?」と開き直る一面もあったのです。

ファンの間でも「もう走らないで」とのコメントまで出てしまう始末。

さらに、玉森裕太さんのブサイクさに衝撃が走った回がありました!!

「勇気出して食べて弁当」

「働く彼女を喜ばせるお弁当」というテーマでの対決で、玉森裕太さんがプロデュースしたお弁当がこちらです。

その名も「勇気を出して食べて弁当」
ケチャップライスカレーライス白米という炭水化物オンパレード薄焼き卵のみというメニューに批判が殺到しました。
目は、ゴマで作ったという玉森裕太さんに対して「目ショボ」とぶった切られてしまいます。
さらには、カレーライスで作ったひよこに至っては「これヒヨコなの?」とのコメントに一同、爆笑。

栄養士からも「野菜がない」とダメ出し受ける始末。

「働く女子の食欲甘くみるなよ」「幼稚園児のお弁当かよ」と散々なコメントで終わりました。
舞祭組メンバーからも「ブサイクの世界へようこそ」と言われてしまいます。

この、「勇気出して食べて弁当」はネットでも話題になり、再現するツイッターが殺到しました!
またファンからも「あれはヒドイ」「ブサイク過ぎる」と酷評。

今までイケメンキャラだった玉森裕太さんが、崩壊した瞬間です。

しかし、酷評だけではなく

「さらに好きになった!」
「不器用なところが可愛い」
「不得意なことがあってこそ人間味がある」

といったコメントも数多くあります。
私も、さらに玉森裕太さんのことを好きになりました!

これからは、イケメンキャラと平行して運動音痴キャラや料理出来ないキャラでも有名になりそうですね。

関連記事