ロバート・キャンベルがブログで同性愛だとカミングアウト!ネット上の反応は?

ロバート・キャンベルがブログで同性愛だとカミングアウト!ネット上の反応は?

ロバート・キャンベルが同性愛を公表!

ニュース番組「スッキリ」の火曜日のコメンテーターとしても有名な東京大学名誉教授のロバート・キャンベルさんが、2018年8月12日に自身のブログで同性愛であることをカミングアウトしました。

流暢な日本語とユーモアのセンスのあるトークが人気のロバート・キャンベルさんですが、なぜ、今このタイミングでカミングアウトをしたのでしょうか?また、ネット上の反応はどうなのでしょうか?
詳しく調査してみました。

プロフィール

生年月日:1957年

出身:アメリカ合衆国ニューヨークブロンクス出身

出身校:カリフォルニア大学バークレー校卒業

ロバート・キャンベルさんは、カリフォルニア大学を卒業後に九州大学に留学しました。九州大学文学部講師、国文学研究資料館助教授、東京大学総合文化研究科助教授などを経て、東京大学名誉教授、国文学研究資料館館長を務めています。
漢文学や芸術、思想について研究しており、その豊富な知識からメディアでもコメンテーターとして数多く起用されています。

なぜ、このタイミングでカミングアウト!?

谷川とむ衆院議員の発言に対するコメントだった

自民党の谷川とむ衆院議員が性的指向や性自認のことを「趣味みたいなもの」と発言したことに対して、ブログでコメントした際に同性愛だと公表しました。

衆院議員が性的指向や性自認のことを「趣味みたいなもの」と言うのを聞いて笑ってしまった。習い事のように何かのきっかけで始めたり、途中でやめたりできるもののように聞こえたから。

とコメントしました。さらに、

同性愛者、両性愛者、トランスジェンダーの人々をひっくるめて「生産性がない」ので「支援」に値しないという別の議員が発した言葉も、お粗末すぎて、反論する気持ちも起きません。

と痛烈に批判をしています。

私自身、20年近く同性である一人のパートナーと日々を共にして来た経験から言うと、この国で、性指向のために身に危険を感じたことは一度もありません。
引用:https://robertcampbell.jp/blog_top/

と自身が20年近く交際中のパートナーがいることを告白したのでした!

ネット上の反応は?

ロバート・キャンベルさんのカミングアウトに対してネット上では様々な意見が挙げられていました。

トレンドカテゴリの最新記事