異色の芸人、濱田祐太郎の魅力を徹底調査してみた!

異色の芸人、濱田祐太郎の魅力を徹底調査してみた!

芸歴わずか5年で、「R―1ぐらんぷり2018」を制覇した異色のお笑い芸人と言えば、濱田祐太郎さんです。
濱田祐太郎さんは、生まれつき全盲に近い弱視というハンディキャップを抱えています。
しかし、それを笑いの武器にし、見事R-1で圧倒的な高評価を得て優勝を収めました。

そんな、2018年最も注目されている濱田祐太郎さんのプロフィールやネタを徹底調査してみました。

プロフィール

生年月日:1989年09月08日

出身:兵庫県神戸市

血液型:O型

身長:171㎝

体重:85㎏

趣味:フォークギター、アコースティックギター、フィンガーピッキング、大食い

特技:あんまマッサージ指圧師、針師、自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊ける事

気になる経歴

濱田祐太郎さんは、先天性緑内障という病気で生れてつき左目が見えず、右目も明るさが分かる程度の視力です。幼い頃からお笑い芸人を夢見ていたそうです。
小学校、中学校は地元の学校に通い、高校は盲学校へ進学をしました。
2012年にNSC大阪に入学します。35期で、同期にはゆりやんレトリィバァさんがいます。

ダウンタウン松本が認めた人材!

濱田祐太郎さんのネタを見たダウンタウンの松本人志さんは、「まったく気の毒な感じがしない」と異色のネタを高評価していました。

そんな、濱田祐太郎さんの気になるネタがこちら。

ネタは、自らの体験談を笑いに変えて、漫談しています。
例えば、「知り合いからダーツやらへんの?」と言われたり「はまちゃんは、車とか運転したことある?」と言われたことを明かしています。
「その時、僕自分の耳疑いましたからね。視覚障碍者が自分の耳を疑うことは中々ないですかならね!」と語っていました。
このように、日常生活で体験したことや盲学校でのあるあるネタを中心に披露しています。

濱田祐太郎さんしか出来ないネタだと言えますね。

世間の反応は?

濱田祐太郎さんのネタに対する世間の反応はどういったものなのだろうか?

ダウンタウンの松本人志さんらのように高評価をしているコメントが多数あった。
しかし、その反面心無いバッシングをする人も中にはいます。

濱田祐太郎さんは、インタビューで「僕は音声読み上げの携帯を持っていて、SNSとかはできないけど、どんな感じで取り上げられているんだろうと検索した」と明かしていたことがありました。
すると少し悲しそうな表情になり、「そこは、あまり具体的に言いたくありません」と答えを濁している場面もありました。

濱田祐太郎さんは、自虐ネタを披露する上で「障害者イジリを嫌がる人も中にはいます。」と全ての障害者が自虐ネタを好んでいないことを認めていました。

今後の濱田祐太郎さんの動向から目が離せませんね。

プロフィールカテゴリの最新記事