ドラマ”dele”の公式SNS山田菅田がネット上で話題に!フォロワー数早くも10万人越え!

ドラマ”dele”の公式SNS山田菅田がネット上で話題に!フォロワー数早くも10万人越え!

ドラマ”dele”の公式インスタが大人気!

2018年7月27日からスタートしたテレビ朝日の金曜ナイトドラマと言えば「dele」です。山田孝之さんと菅田将暉さんのW主演のドラマでデジタル遺品をテーマにした内容となっています。

公式のSNS山田菅田がネット上で話題を呼んでいました。何と、早くもフォロワー数が10万人を突破しているというのです。一体どんな、内容なのでしょうか?また、ドラマ「dele」の見どころなどを詳しく調査してみました。

どんなドラマ?

原案と第1話、5話、最終話の脚本を担当しているのは、本多孝好さんです。映画「イエスタデイズ」や「ストレイヤーズ・クロニクル」や「at HOME アットホーム」を手掛けたことがあります。今回初めて脚本家にい挑戦されます。
さらに金城一紀さんも脚本家に加わっています。金城一紀さんは、「SP 警視庁警備部警護課第四係」や「BORDER」の脚本を務めた実績があります。

ドラマの内容は、「デジタル遺品」をテーマに自分が死んだ後に、スマホやPCなどデジタル上のデータを削除をするという仕事を受け持つ坂上圭司と助手の真柴祐太郎の話しになっています。
デジタル遺品を巡り、人間関係のもつれや複雑な現代社会を描いたドラマになっています。

気になるキャストは?

坂上圭司

山田孝之さんが演じるのは、フリーのプログラマーです。原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子生活を送っています。会社「dele. LIFE」を立ち上げ、依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしています。理性的で多くの情報量があり、人との付き合いは下手な性格です。

山田孝之さんは、坂上圭司を演じる上で注意している点は「早口で話す」ということだそうで、セリフが多いため早口にすればミスも多いのですが、坂上圭司という人物に近づくために行っていると明かしていました。

真柴祐太郎

フリーランスの何でも屋を演じるのは、菅田将暉さんです。坂上圭司の助手として活動し、死亡確認など足を使った業務を中心にサポート的な仕事をこなしています。明るく人懐っこい性格からは想像のつかない過去を隠し持っています

菅田将暉さんは、真柴祐太郎を演じるに当たり心掛けていることは「ファッションや髪形は、自由にすることを意識している」と明かしていました。さらに、疑問に思ったことは素直に表現することで視聴者と同じ目線で演技するように心掛けているそうです。

インスタ”山田菅田”が大人気!

山田と菅田のインスタやるみたいよ

山田菅田のdele番宣前。いよいよ本日23時15分(テレビ朝日)からdele第一話。 #dele

A post shared by 山田菅田 dele (@yamadasuda) on

dele公式のインスタがネット上で話題を呼んでいました。撮影の様子やdeleの公式ロゴの募集などを様々な情報を公開しています。
中には、早朝からの撮影で寝てしまっている山田孝之さんと菅田将暉さんが投稿されていました。

山田菅田の朝は早い #山田菅田

A post shared by 山田菅田 dele (@yamadasuda) on

「頭ポンポンしたくなる」「朝早くからの撮影が多いんですか?頑張ってください!菅田くん目をこするのかわいいです」と言ったコメントが多数寄せられていました。

早くもこのインスタのフォロワー数が、10万人を突破しており今後のドラマへの期待度の表れだと言えますね!
毎回豪華ゲストが出演しているドラマ「dele」から目が離せません。

ドラマ/映画カテゴリの最新記事